2021・08・16

2021・07・24

2021・05・05
2021・03・14
2021・02・14
2021・01・10










.......................

2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

2021年7月23日。東京オリンピック開会。

「栃木県の田舎にいるせいだから、なのかなぁ」
なんて思っていたんだけど、
自国開催だというのにここまで「いよいよ感」の薄い
オリンピックになるとはねぇ、というのが正直なところ。

まさか東京はそんなことないだろう、とか思ってたんだけどさ
開会式当日に「開催反対派」のデモがあったりして
素直にお祝いムードとはいかない感じなのかなぁ。

まぁ、一番大きいのは無観客によるスポンサーサイドの
腰砕けなんだろうなぁ、とか個人的には思っててさ。
本来であれば多額のお金で支援したスポンサーが、
例えば観戦チケットプレゼントなんて事して
大々的にキャンペーンしたりしてさ、
それをマスコミに「さぁさぁさぁ」って感じで広告して
もらったりしてさ、
嫌でも「いよいよ感」を煽られていたと思うんだよね。

世界的にも「開催には疑問」とされている大会だけに
企業イメージがなにより大切な昨今としては
「下手に煽ることはできない」って腰砕けになるのも
そりゃあそうだろうなぁ、って感じだ。

でもさ。
でもさ、なのよ。
マスコミやら大々的なスポンサーの広告やらの煽りがないと、
スポーツを応援することって、できないのかな?
結局、我が国のスポーツに対しての熱って、そんなもんなの?
なんかさ、世論の雰囲気に流されてこれから行われる
スポーツの祭典に対して、冷ややかな目を向ける事って
ないんじゃない?とか思うんだよね。

そりゃあオリンピックぐらいの大規模な大会になれば
色んな事がとりまくさ。
うっとうしいことやら、きな臭いことやら
胸糞悪いことまで色々あるんだろうさ。
でも、その核にあるオリンピックの精神とか
スポーツの感動ってものは
真実であるとオレは思いたいなぁ。

だからさぁ、オレはオリンピックを観るよ。
楽しむよ。応援するよ。
それはこれまでのオリンピックと何も変わらないよ。
オリンピックっていう大舞台で、懸命にベストを
尽くし切ろうとしている選手達の姿が大好きだから。

まぁ、元々スポーツには興味が無いって人には
この感覚は理解できないだろうけれどもねぇ。
でもさ、それはそれでその人の価値観なんだから
自分に嘘をついてまでオリンピックを観戦することは
ないと思うね。

ところでさぁ、あれ、どこまで本当なのかなぁ?
開催反対派の人が心配してるのって、感染リスクが
高まるって事がひとつの理由でしょ?
でも開催以前にだ、緊急事態宣言が解除された途端に
都市圏で感染者数がぐんぐんと増加していくのって、
あれは、何?


▲ PAGE TOP ▲