2018・12・30
2018・12・10
2018・10・27

2018・09・30

2018・08・19
2018・06・24
2018・05・27
2018・04・29
2018・03・25
2018・02・25
2018・01・07






.......................

2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2019年

オレはね、こう思うことにしたよ。

2年前ぐらいから、なにかと一方的にやられっぱなしでさ、
なんでこんな目にあうんだろうとか思うぐらいに
やられっぱなしでさ。
でも、それはきっと延々と続いてきた厄落としであって、
先日の理不尽なもらい事故は、いよいよそのクライマックス
だったんじゃないかって。

いや、厄年ってわけじゃないんだけど
この先、がらりと何かの流れが変わりだすから
そのためにまず痛んどけ、みたいな。
長かったダンジョンを抜ける前のボスキャラ登場、のような。
そんなものであったのではないか、
と思ったわけ。
そうでなくっちゃ、この2年間の理不尽ぶりには
どうにも不自然さ、さえ感じるんだよね。

それにさ、終わりの見えない病と向き合っている
友人のことを思えば、
いやいや人身事故でとりかえしのつかない事には
ならなかったんだから、これくらいでへこたれて
なんかいられないね、とも思うわけですよ。
どんな人にも「理不尽さ」は降りかかってきて、
それに苦しませられるものだけれども、
オレはまだ最悪じゃあない。

まー、それにしてもさ、また「7年」ですよ。
以前、この「月記」で紹介したことがあるんだけど
どうにもオレの人生には7年周期のリズムがあるような
気がしてるんだけどさ。
事故で失うことになる愛車に乗り始めたのが2011年で。
今年はそれから7年目ってわけ。
なんなんだろうねぇ、これって。(^^;

出会いからして、不思議な縁のようなものを感じていた。
7年前、巡り巡ってまるで呼ばれたかのように
オレはその車の前にいた。
先日、車の中の荷物を全て引き取るためにレッカー移動先の
工場へ行き、変わり果てた車の前にいた。
くやしくて、くやしくて、
申し訳なくて、申し訳なくて、
「すまんなぁ。こんなことになっちまって」と
つぶやかずにはいられなかった。
もしかしたら、この車はなにかの使いとして
オレの前に現われてくれたんじゃないだろうか、
と思う事で、ささやかながらの弔いになってくれたら
いいんだけどな。


▲ PAGE TOP ▲