2011.12.25
2011.10.30
2011.09.25
2011.07.10
2011.05.29
2011.05.01
2011.04.03
2011.03.19

2011・02・27

2011.02.06
2011.01.23
2011.01.01
.......................

2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年



北方謙三著「水滸伝」を読んでいるトコなのですが、
登場人物に「魯智深(ろちしん)」という坊さんがいる。
ガタイでかく棒術をつかう豪傑風で、国中を旅しながら人と人を
結んでいく、という物語の中で重要な役割を担った人なワケです。
ふと、渡辺謙を重ね合わせて読んでみた。これが素晴らしい。
異様なホドしっくりきて、描かれていない表情やら仕草まで
目にうかんでくるようなナイスキャスティングだったのだ。

そんな感じで色々他にもイメージのあいそうなキャスティングを
したりしなかったりしながら読み進めているうちに、
「細身長身、顔がいかつく、何だかなれなれしい感じ」の人物が登場した。
兄弟で登場し、その兄貴という事もあってか、
「あー、じゃあなんとなく、千原兄弟の千原せいじで。」
と、軽々しくキャスティングしてしまった。
ところがこの人物、山に住み込む賊徒くずれみたいな連中を調練して
いっぱしの隊にしたり、その隊を引き連れ火急の場に援軍として
かけつけたりするのだ。
「せいじのくせに、すげぇ!」ワケである。「せいじ、かっこいい!」と。
「ここでせいじなら『なんでやねん!』というセリフだな」とか。
北方謙三が絶対に望んでいないであろう、楽しみ方をしてしまったのだ。
このこと、誠に申し訳なく思います。
これから「水滸伝」を読む機会がある方には、ぜひ「魯智深」を
渡辺謙で読む事をおすすめします。
くれぐれも「孔明(こうめい)」を千原せいじで読んではいけない。