2011.12.25
2011.10.30
2011.09.25
2011.07.10
2011.05.29

2011・05・01

2011.04.03
2011.03.19
2011.02.27
2011.02.06
2011.01.23
2011.01.01
.......................

2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年



今、部屋には観葉植物がうじゃうじゃいます。
ブライダルベール、アイビー、ワイヤープランツ、テーブルヤシ、
ペペロミア、ハツユキカズラ...など。
どれも育てやすく、タフなやつらばかりです。
ブライダルベールとアイビーは、挿し木で今年も1鉢ずつ増殖しました。
特にこいつらは「お前ら、すげえな」と、驚くホド生長します。

最近は十分注意しているのでまったく無いのですが、
育て始めの頃は「根腐れ」をさせてしまって、枯らしてしまった事がありました。
水はけの悪い土を使ったり、水を与え過ぎたりして起こる、文字通りの事です。
これがなかなかやっかいで、なにせ土の中の事なんでわかりずらい。
「あれ?葉っぱの様子がおかしいな」と気づく頃には
もう手遅れだったりした事もしばしば。
そういう事で、季節によってあげる水の量を気にしたり、定期的に土を換えたり、
「根の様子はどうか?」なんて事を葉っぱを眺めながら常に想像していたり
しているワケです。

ただ、これって植物だけの事じゃないような気もしますよねぇ。
人や、会社や、政治や、国も。
寒くなってきて、葉っぱに「気」が無くなってきても、根っこさえ生きていれば
また復活するんですよ。春になればまた生長し始める。若葉が芽吹く。
逆に上っ面が青々としてても、根っこが腐っていたらいずれ枯れるのです。
手を施してなんとかなるうちならまだいいんだけど、
根が完全にダメになったら、間違いなく枯れる。自然の摂理。

ああ、そうだ。「性根の腐ったやつ」とか言葉があるじゃないですか。
やっぱりね、「根っこ」なんすよ。「根っこ」。肝心なトコは何もかも皆同じ。
根の様子はどうか?