2014・12・28
2014・12・14
2014・11・09
2014・10・19
2014・09・15
2014・09・07
2014・08・03
2014・07・27
2014・06・23
2014・05・30

2014・04・20

2014・04・06
2014・01・01



.......................

2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
2017年
2018年

オレが働いている倉庫のすぐ目の前に柿の木があるんだ。
秋になればたくさん柿ができる。
植えて10年…くらいって言ってたかな。
渋柿なんだけど、落ちる寸前まで熟れたその実は
食べてみるとなぜかうまいんだよ。

つい最近のある朝、その柿の木を眺めていて気づいたんだ。
寒さも落ち着いてきて、今年も裸の枝の先に、ちいさな葉が芽吹き始めていた…。
で、昨年の台風で、その柿の木の枝が2〜3本折れかかっていたのがあってさ、
その中にはわずかに3ミリ程度で、
かろうじてつながっている枝もあるわけ。

その折れかかった枝のさ、先にね、目を移してみて驚いた。
芽吹いてんだよ。枝先にさ、ちいさな葉がふくらみ始めてんの。
「すげぇ…」って。「生きてんのかよ」って…、感動した。
枝の太さの10分の1程度しかつながってないのに。
細い細いその中に、しっかり流れているものがあるんだね。
細くたってさ、確かに流れていれば、芽吹くんだ。

人と人とのつながりに例えられるよね。

でさ、ふと目を移すとちゃんとつながって見えるんだけれども
全然芽吹いてない枝があってさ、
軽く触れてみたら、簡単にぽきりと折れちゃった。

まるで人と組織の関係のようだよね。

ま、とにかくその感動を誰かに伝えたくてさ、
倉庫近くまで来た若い従業員をつかまえては、「ちょっとこれを見てくれよ」って
その枝を指さして、話をした。
みんな「すごいですね!」って、わかってくれて、「な?すごいよな!」って
いっしょにその枝のちいさな葉の誕生を称えてくれた。
みんないいやつらだな。
仕事の話なんかじゃない。たかだか葉っぱの話だよ。

退職届を提出してから4日後の出来事さ。