2014・12・28
2014・12・14
2014・11・09
2014・10・19
2014・09・15
2014・09・07

2014・08・03

2014・07・27
2014・06・23
2014・05・30
2014・04・20
2014・04・06
2014・01・01



.......................

2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
2017年
2018年

「5〜6時間も屋外にいるというのに、
誰一人見かける事も無いし、誰からも
見られる事も無い。ひとりで居続けているのか。
何とまぁ、なかなか無いなぁ…」
などと、昼飯にと用意していたおにぎりを二つ
むしゃむしゃ食べながら、ぼーっと考えていた。

それがどうと言う事ではない。
ただ「なかなか無い時間を味わっているな」と
いうだけのこと。

水田雑草をむしり取ったエリアに並ぶ、
この時期としては絶望的なホドに貧弱な稲に
「なんとか巻き返してくれんかなぁ」と、
無理を承知で望みをかける。

汗を吸いまくったTシャツが、ずしりと重い。
肘まで隠れる長い手袋をはめて、
またそろりそろりと田んぼの中へと足を運ぶ。

雑草に埋もれる稲になんとなく声をかけてみる。
「おまたせしました。」