2016・12・25
2016・12・11
2016・11・27
2016・10・30
2016・10・23
2016・09・18
2016・08・07

2016・07・24

2016・06・19
2016・05・15
2016・05・02
2016・03・13
2016・02・14
2016・01・03


.......................

2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2017年
2018年

「あ、なんだか無茶を押し通そうとしてるな」
って、感じる瞬間があったりする。
それは「抵抗感」のような、「違和感」のような、
なんだかモヤっとする感覚が。

「面倒臭さ」とはまた違うんだよね。
気持ちのどこかで「ちょっと待て」って
ブレーキがかかるような…。
でも、それを押し通してみると
やっぱり結果はあんまり良くなかったり
することがあるんだ。

で、後から「ああ、あのモヤモヤは
『やめとけ』ってサインだったのかなぁ…」
なんて思ったりしてね。

その逆もね、あるよ。
もう、すぅ〜っと、水が上から下へ流れるように
当たり前のように進むような感覚も
あったりするわけですよ。
全然そこに「抵抗感」だとか「違和感」も無い。
で、それは割と結果は良いように思えるんだな。

例えば、先日バッグを購入したんだけどさ。
それまで使ってたバッグが「やばそうだ」って
状態になったのは、2か月ぐらい前のことで
その頃からちょいちょい、
「買うならどれ?」って感じで物色はしてたんだ。

でも「うーん…どれもなんとなく…」って感じで
ピンとこなかった。
で、いよいよもう買わなきゃって時になって
全くそれまで足を運んでいなかったある店に
行ってみて、そのバッグを手にしたら
もう買うつもりになってた。
それまで物色してきたどのバッグよりも
ずっと値段が高かったんだけど、
全く無抵抗に「これ」って感じで購入してた。
その差はなんなのか、よくわからないんだけどさ。

けっこう、その感覚の有る無いは
自分の中では信用できるような気がしてるし、
もしかしたら、まったく無意味ではないんじゃ
ないかな〜とか、思ったりもしてる。

「欲」の解消先と、「腑の落としどころ」は
ちょっと違うような、そんな気がするんだよね。


▲ PAGE TOP ▲