前口上2015
60「自在荘」地獄
59「旅館 勝風館」地獄
58「旅館 上会津屋」地獄
57「湯っ歩の里」地獄
56「旅館 山快」地獄
55「法典の湯」地獄
54「ゑびすや」地獄
53「ホテルニュー塩原」地獄
52「杣の湯」地獄

51「ビューパレス」地獄










.......................

地域別ファイル一覧

2012年の「温泉地獄」
2013年の「温泉地獄」
2014年の「温泉地獄」
2016年の「温泉地獄」
2017年の「温泉地獄」
2018年の「温泉地獄」

参考サイト

MAPPLE観光ガイド
湯まっぷ
那須温泉郷のサイト
塩原温泉郷公式ページ
板室温泉旅館組合
温泉の泉質成分効能

51「ホテルビューパレス」地獄 2015年01月08日

山へ、山へと向かうにつれて
舞う雪が点から線へと変わっていく。
今年最初の温泉は、ちょいと贅沢してみようと
那須方面へと車を走らせた。
以前に入浴した「雲海閣」を通りすぎて
到着したのは「ホテルビューパレス」。


フロント。誰もいない。
「すいませーん」と声をかけてみるが、
どなたも登場してこない。
目の前に鉄製の呼び鈴があった。振ってみる。
チリリ~ン、とかわいらしい音が鳴るやいなや、
すかさずフロントマンらしき方が颯爽と登場。
これじゃないとダメなシステムなのか?
それとも条件反射…とでもいうのだろうか?

ホテルのサイトでは入浴料1000円となって
いるが、タオル持参だと900円で入浴できる。
もちろん、持参している。
「掟」と言ってもいいほどに持参している。

フロントのある階から階段を下った、
ひとつ下の階に大浴場がある。

入口のドアを開けた途端に、硫黄臭。
「おう…」思わず小声で唸る。
そう、こちらのホテルは「鹿の湯」源泉の
バリバリ硫黄泉を堪能できるのだ。
また年明け一発目に硫黄泉をチョイスして
しまいましたね。
ええ、年明け前から狙ってました。


脱衣所。さすがはホテル。
洗面台には髭剃りから整髪剤から綿棒まで
一通りそろっている。
衣類はかごにインするタイプだが
貴重品を入れるロッカーもあるので安心だ。

浴場へと向かう。
正直思っていたほど広くはない。洗い座は7つ。
ボディーソープ&シャンプー&リンス有り。
そして…寒い。
寒いっすよ!「え?何?この寒さ…
どっかばっくりと開いてんじゃない?」…と、
きょろきょろしながら身体を洗う。
先客2名は外の露天風呂にいる。
いや、もう、そんな事はどうでもいい。
寒いんすよ。
マッハの速さで身体を洗い終え、頭を洗う前に
内風呂に入って温まることにする。


ちなみにこの内風呂は温泉ではなく、
沸かし湯のようだ。…てか、そう書いてあった。
程良く身体が温まったところで
再び洗い座へと戻り、頭を洗う。
そうこうしているうちに先客2名が上がっていった。
そうこうしているうちに、また寒くなってきた。

マッハの速さで頭を洗い終え、露天風呂へと向かう。
もはや外気の寒さなど気にならない。


なぁ〜〜〜、てな感じで湯船へ突入。ああああああ、
生きかえる。ほうぅぅ…。
硫黄泉。紛う事無き乳白色。
「元泉館」以来の硫黄泉&露天風呂の最強コラボだ。
しかもこの冬景色!

 
写真ではお分かりいただけないと思うが、
さらさらと雪が舞っているわけですよ。
うーつーくーしーいぃぃぃ!
時折、ゴウっと突風が吹いて、迷い雪がね
湯船の方へ入ってくるわけですよ。
身体はふわっふわにあったかくなっていて、
その顔にほろっとね、
ちいさく、雪。

………、バカじゃん!
なんだよ、これは!バカヤロー!
なんという情感よ。どうしたらいい?
オレは、どうしたらいいのだ?
もう、こう…なんだ、魂が!
今年一発目からサイコ―じゃねーか!
嫌だぁぁぁぁ!サイコ―だぁぁぁ!

一言で片付けよう。
「命の洗濯は、存在する」
この事である。

余談。
帰る前に「鹿の湯」の近くにある
温泉神社へ初めて立ち寄ってみた。

100段ほどある階段は、なかなか足にくる。
が、なんだろう、まさに初詣
ほくっと気持ち良かった。



↓ 温泉成分表


「ホテルビューパレス」データ: Ph2.6
 <泉質> 単純酸性 硫黄温泉(硫化水素型)
 <源泉> 鹿の湯・行人の湯混合泉
 <源泉温度> 57.2度
              


◇「ホテルビューパレス」サイト

◇「ホテルビューパレス」周辺マップ

▲ PAGE TOP ▲