前口上
22「太陽の湯」地獄
21「ゆの郷」地獄
20「りんどうの湯」地獄

19「りんどう湖ホテル」地獄

18「皆幸乃湯」地獄
17「雲海閣」地獄
16「ピラミッド温泉」地獄
15「那須大丸ガーデン」地獄
14「大丸温泉旅館」地獄
13「大鷹の湯」地獄
12「湯荘 白樺」地獄
11「ほたるの湯」地獄
10「福のゆ」地獄
09「芦野温泉」地獄2
08「サンバレー那須」地獄
07「あかつきの湯」地獄
06「鹿の湯」地獄
05「千本松温泉」地獄
04「華の湯」地獄
03「芦野温泉」地獄
02「幸乃湯温泉」地獄
01「源泉 那須山」地獄
.......................

2013年の「温泉地獄」
2014年の「温泉地獄」
2015年の「温泉地獄」
2016年の「温泉地獄」
2017年の「温泉地獄」
2018年の「温泉地獄」

参考サイト

MAPPLE観光ガイド
湯まっぷ
那須温泉郷のサイト
塩原温泉郷公式ページ
板室温泉旅館組合
温泉の泉質成分効能

19「りんどう湖ロイヤルホテル」地獄 2012年12月2日

「ついで」に入った感強く、完全に趣旨とかけ離れているのだが、
せっかく入ったのでその状況について述べておこうと思う。
何が趣旨なんだかよくわからなくなってきてるし。

12月1日、務めている会社の創業65年祭が「りんどう湖ロイヤルホテル」にて行われた。
同ホテルに宿泊できるとの事で、久しぶりに潰れるまで飲んだのである。
翌朝、まだ頭がくらくらする。
朝食をとる。が、フルーツと野菜ジュースぐらいしかまともに喉を通らない。
部屋に戻ると布団が眠りを誘う。「ああ、このまま昼過ぎまで眠ってしまいたい」
だが、そういうワケにもいかない。
せめて車を運転できるぐらいにまでシャキッとせねば…。
「そうだ、風呂に入ろう」そう思い立って、部屋に置いてあったタオルを持って
大浴場へと向かった。

さすがはロイヤルホテル様。脱衣所からして清潔感があり、なおかつ広い。
軽くよろめきながら服を脱ぎ、浴場へと足を運ぶ。
ちらほらと3〜4名の先客がいる。
まぶしい。その日は天気が良く、朝9時の光が広い内風呂に反射している。
洗い座は22もあった。当然ボディーソープ&シャンプー有り。
身体を洗い終え、内風呂に入る。内風呂は温泉ではなく普通の沸かし湯だ。
すぐにでも温泉である露天へと向かいたいところではあったが、
外気の冷たさはハンパない。なんといっても前日は雪が降ったのである。
まずは内風呂にて身体を十分に温めてみる。
サウナがあったのだが、まだ朝早くて稼働はしていなかった。

さてさて、もうそろそろいいかなぁ〜って感じで露天風呂へと向かう。
露天風呂には誰もいない。おう、貸し切り状態。
見た目、いい感じの露天風呂だ。岩のごつごつ感。程良く手入れされた草木。
源泉は、二段ほどの岩の段差を流れ落ち湯船へと広がっている。
湯感は特に特徴はない。匂いがする。何の匂いであろうか。
この露天風呂への出入り口付近に温泉成分表があったので、
風呂から出てクールダウンついでにジロジロ見たりしてみる。
源泉温度が27.7度。かなり低い。これは当然加温してはある。
寒い。あっという間に身体が冷える。また温泉の中に戻る。
いやいや空が、雲ひとつない真っ青な空だ。なぁ〜っと見上げる気持ち良さ。
湯の手ごたえ…いや、肌ごたえはもうひとつの感といった印象なのだが
それを補うホドに、実に状況に恵まれました。
快晴の露天風呂で朝風呂。すがすがしい。
宿泊してこそ、なのかもしれないが、宿泊したならばこの露天風呂に
入らない手は無い。
一言で片付けよう。
「家から20分程度の距離にあるホテルに宿泊する面白さよ」
このことである。

チェックアウトタイム。
さて、快晴の日曜日、このままただ家に帰るのも何だかなぁー…
「そうだ、WINSに行こう!」
颯爽と車を新白河方面へと発進させた。




「りんどう湖ロイヤルホテル(露天風呂)」データ: Ph6.5
 <泉質> 含硫黄-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)(中性低張性低温泉)
 <源泉> 那須高湯1、2、3、4号混合泉
 <源泉温度> 27.7度
 


◇「りんどう湖ロイヤルホテル」参考サイト

◇「りんどう湖ロイヤルホテル」周辺マップ